香川県在住で住民税非課税でも借りられる業者はあるのか?

住民税非課税世帯というのを御存知でしょうか。

この認定を受けると国民健康保険料の支払いを免除されたり、各種の福祉的施策の対応になり現金給付などをうけることができます。

しかし実際のところは「収入が少なそう」程度の認識にとどまっているのが大勢ではないでしょうか。

住民税を支払う必要がないということは、まとまった収入が確保されていないことを意味しています。

こんな方でも福祉の援助だけでは生活が立ち行かなくなる可能性があるのは事実です。

香川県在住の方で、このような事態に備えて地域の社会福祉協議会なども一時的な融資などをおこなっていますが、利用するには色々な条件が設定されており、スピーディーな融資の実行のニーズを満たすのは難しくあまり利用されていません。

そこでやはり現実的な選択肢になるのは、サラ金などの金融業者から融資を受けることではないでしょうか。

香川県にお住いでも、市民税非課税世帯でもサラ金業者から借りることが出来るのか、住民税の基礎を抑えながら検討して参りましょう。

住民税は所得に関係なくすべての納税者から徴収する「均等割り」の部分、(都道府県で1500円・市町村で3500円)と、所得に応じて概ね税率10%(都道府県4%・市町村6%)の「所得割」からなっています。

ところでこれらの税金を免除されているのが非課税世帯で、要件には生活保護者か単身者の場合は概ね収入が100万円以下が目安になります。

このように非課税世帯は収入が低かったり不安定だったりするので住民税が免除されていますが、返済能力に不安をぬぐえないのでキャッシングを利用してお金を借りられるのでしょうか。

審査のゆるい消費者金融でも「安定かつ継続した収入のあること」は要件になっているので無理なようにも思えます。

しかし実際には年何万円以上の収入がないとキャッシングできない、等といった要件を定めている訳ではないのです。

そのため住民税を免除されているからといってキャッシングを受けることが出来ないと即断するのは早計といえます。

しかしキャッシングの申し込み時には収入を正しく深刻する必要があります。

審査に通過したい動機で虚偽の金額を申告すると詐欺際に該当する可能性があるので、絶対にうその申告をしてはいけません。

ただ大手の消費者金融では年収何万円以上、と個別の会社で定めている場合もあるようです。

そのため香川県在住の方で、非課税世帯の方がキャッシングを利用したいときは、中小の地方も消費者金融などを利用するのが審査が通過する可能性が高くなるようです。