石川県での地震の影響でお金を借りるなら!即日融資もあるサラ金

石川県での大きな地震の影響により、停電や断水、食料不足などの状況に陥っている地域もあります。

今まで災害に遭遇したことがない方の場合には、普段では想像できなかったような事態で動揺してしまう方もいるでしょう。

特に停電が広範囲に及んでしまったため、夜は暗い中過ごすことになり、家電製品なども使用できません。

スマートフォンなどの場合には、モバイルバッテリーなどにより充電がしっかりできていれば通信、電話などの機能でいろいろと情報を集めることも、家族や友人、知人などに連絡を取ることは可能です。

ですが、ここで問題となるのが、電子マネーなどを普段よく利用する方の場合です。

電力の供給がされない状態では、スーパーやコンビニなどで電子決済が使えません。

クレジットカードなども使えないため、現金のみで買い物をする必要がでてきます。

ある程度自宅に現金のストックがある場合には、一時期はしのげるでしょうが、電子マネーやクレジットカードを普段利用して、現金をあまり持たない主義の方などはこのような災害時に厳しい状況となる可能性があるでしょう。

また、電力が戻ったとしても、お店によっては電子マネーやクレジットカードに対応していないお店などもあります。

現金的にストックがあり一時的にしのげている方であっても、手持ちの現金がなくなれば、買い物できなくなる点から、なんらかの方法で現金を得ることも必要です。

働くことで、収入を得たいと思っても、災害時では自宅が無事な状態とも限らず、避難所生活を余技なくされる方もいます。

地域によって被害状況などもかなりの差がでてくるため、仕事に関しても会社自体もまともに業務を再開できる目途がたつかどうかもわかりません。

このような状況の場合に、貯金など電気が通じる状態なら、ATMなどから現金を引き出せる方はある程度手元に現金を持っておくようにしましょう。

いつまた、大きな地震が起きるとも限りません。その影響で停電してしまえば、再び窮地に追いやられてしまうこともあるでしょう。

その点からもATMなどが稼働状態になったらある程度のストックとして貯金をおろしておくことも大切です。

また、周囲の人たちで食料を分け合う、なにか必要なものをお互いにカバーしあうなどの助け合いも災害時には重要なことです。

避難所でも、さまざまな物資などが届くこともありますが、避難所も場所によっては十分な支援がくるとは限らず、ある程度自身で水や食料の調達などが必要になることもあります。油断せず、周囲にいる人々と相談、協力しあうように心がけましょう。

現金がどうしても足らない場合には、サラ金や消費者金融などを一時的に頼るというのも一つの方法です。

石川県のサラ金や消費者金融でも各社、被災された方に対しての相談窓口などを設けているため、カードの紛失やご返済などについて聞きたいことがある場合や、融資を受けるにはどうしたらいいかなど、相談窓口にて相談してみることも大切です。

石川県のサラ金一覧

アイ・フィットホーム株式会社
石川県金沢市堀川町23番23号 0762334355
ピースバンクいしかわ
石川県野々市市本町2−1−24 0762460617
ローン大学
石川県野々市市扇が丘8−38塩田ビル2F 0762466568
株式会社北国クレジットサービス
石川県金沢市片町二丁目2番15号北国ビルディング7階 0762223322
三谷産業株式会社
石川県金沢市玉川町1番5号 0762332151
小村商事
石川県金沢市松島3−135 0762493171
日本開発ファイナンス株式会社
石川県金沢市上堤町1番33号 0762608118
福一商事
石川県金沢市泉が丘2丁目11−50グリーンビュー泉ヶ丘603 0762451616

銀行などでも、地震後に通常営業ができるとは限りません。

交通機関に関してもほとんどが停止している状態、信号なども停電による影響で意味をなさない状況となると、徒歩での移動範囲内で営業中の銀行に出向く必要もでてきます。

自宅などが地震の影響により崩れている、印鑑や通帳、キャッシュカードなど持ち出せなかった場合には対応してもらえないのではという不安を感じる方もいるでしょう。

ですが、銀行では、通帳や印鑑がなくても、運転免許証など本人確認書類があれば預金の引き出しにも対応しえもらえる点から、災害などの緊急時には本人確認できるものを常に所持しておくことも必要です。

お金が足りずに食料が売っているのに買えないというのは悲しいものです。

災害時では、物資に関してもまともに搬入されるとは限らず、量が少ない、満足のいく品揃えとはなかなかいきません。

その点からも、必要な物がスーパーやコンビニに搬入された場合には、きちんと購入しておくことも大切です。

物資があまり入ってこないということは、いくつでも購入できるとは限りません。

おひとり様一個など制限がかかることも予測できます。

この点からも、ある程度自身が住んでいる地域内で食料品や日用雑貨など必要な物資が搬入されるか情報収集しておくことも必要です。

SNSなどをチェックして情報を共有、チェックしてみることで状況を把握しておきましょう。

お金を借りるということに抵抗を感じる方もいるでしょう。

ですが、災害時においてはまず生き残ることが重要です。

そのためには、安全の確保や水、食べ物の確保など生きるために必要なことを優先させていく必要があります。

この点からも、情報収集や現金によって食べ物の調達などをしておく必要があるため、お金を一時的に借りてでも、現状をしのぎ、震災前の元の生活に最終的に戻れるように自分のため、そして家族のために行動していくことが重要だといえるでしょう。